名古屋美容外科でコンプレックスを解消する|信頼できる病院の選び方

副作用について知る

悩む人

横浜の病院では、EDの症状で悩んでいる人にバイアグラを処方してくれています。しかし、初めてバイアグラを服用するとなればわからないことが沢山あるでしょう。飲むタイミングや副作用のことは、事前に知っておいたほうがいいので紹介していきます。
まずは、飲むタイミングについてです。横浜の病院でも説明してもらえますが、バイアグラを服用する時は性行為を行なう1時間前には空腹の状態で飲んでおいたほうがいいとされています。空腹じゃないとバイアグラの効果を期待できませんし、効果の持続時間がこのED治療薬の場合は5時間ほどだと言われているからです。それに、この薬を飲んですぐに勃起するというわけではありません。あくまでも性的な興奮を身体で感じた時に通常と同じで勃起することになります。ですから、パートナーとの時間を考えて服用するようにしましょう。

そして、副作用についてです。バイアグラの副作用は、身体のほてり、だるい、頭痛、吐き気、胃痛などといったものがあります。この中でも最もおきやすいのは、身体のほてりになります。これは、この薬を服用することで血液の流れが良くなります。それによって、代謝が急激にあがり身体にほてりを感じやすくなります。酷い状態となれば、激しい動機に見舞われることがありますので、飲むときは用量とタイミングを守るのが大事です。横浜の病院では、すぐに対応できるように処方箋へ詳しい副作用の症状について載せてくれています。横浜の病院の電話番号も載せてくれていますから、身体に異常を感じたらすぐに相談するのもいいでしょう。